お知らせ

2011年6月 6日 (月)

東北自動車道を走行予定の方へ

週末、所用で山形に行ってきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

東北道は、高速道路料金の上限1000円廃止の影響と、被災地に物資を届けるのか、段ボール箱などの荷物を積んだ車が多く、いつも以上に混雑していました。

 

東北道の福島県内、山形自動車道の一部には地震により凹凸ができている箇所があり、車が大きく上下します。
通行の際には、十分にお気を付けください。

 
被災地への物資輸送、ボランティアへの参加などで、普段高速道路を走る機会の少ないドライバーが多いようで、迷惑なドライバーが多いです。

 

凹凸などで極端にスピードを落とすことは渋滞の原因となります。

凹凸の酷い地域でも、制限速度は80キロです。

それを大きく下回るまでスピードを落とせば、後続車の渋滞の原因となります。

 

また、交通区分を守らないドライバーが多く、渋滞の原因となっています。

高速道路は左車線が走行車線、右車線が追い越し車線です。

基本的に走行時は、左側の走行車線を走り、前の車を追い越す際にだけ、追い越し車線を走るのがルール(交通区分法違反)であり、マナーです。

追い越し車線をゆっくり走る車がいると、スムーズな走行の妨げとなります。

 

 

高速道路の渋滞は、物流の妨げ、すなわち復興の妨げでもあるのです。

 

東北自動車道を走行される方に限らず、高速道路ではルールとマナーを守り、周囲に迷惑を掛けない運転を心掛けましょう。

2011年4月22日 (金)

首都圏にお住まいの方に地震の情報です。

東京大学の地震研究所が、首都圏の広い範囲で地震が起きやすい状態であることを発表しました。

まだまだ気を緩めてはいけないようです。

 

首都圏、地震起きやすい状態・・・東大地震研が解析(YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110422-OYT1T00974.htm?from=main2

 

記事によると、解析結果が東日本大震災後の地震の分布とほぼ一致しているとのことで、それなりに信憑性はありそうです。

マグニチュード7級の南関東の地震が誘発される可能性もあるとのことですが・・・

最近は余震に慣れつつあり、マグニチュード7と聞いても、それほど驚きませんし、震度4くらいだと特に慌てることもありません。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

 

ここ最近、関東地方の物不足も解消し、商品の供給も安定してきています。

私は、今のうちに、水やカセットコンロのガスなどの非常時の備えを蓄えています。

いざ「非常時の備えを!」と思っても、何を揃えればいいのかよく分からないのですが・・・