« 2012年8月 | トップページ | 2013年6月 »

2012年10月

2012年10月 1日 (月)

女性が結婚相手に求める理想の年収

晩婚化と少子化が進んでいるのは承知の通りですが、これが原因ではないでしょうか。

女性の7割が「500万円以上」を希望!結婚相手に求める年収の理想と現実(ヒトメボ)

http://www.tokiomonsta.tv/news/article/364-hitomebo-Ideal-of-annual-income.html

記事によると、7割の女性が「500万円以上」、5割近くが「600万円以上」を理想としているのだとか。

それに対し、30~34歳の男性の平均年収は432万円。男性の全世代の平均年収が504万円とのこと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事の中では触れていませんが、この30~34歳の平均年収は、既婚者も含まれているものと思われます。

当然、経済的に余裕のある男性ほど、早くに結婚していると考えられるわけで、独身者の平均年収は432万円よりさらに低いと予想されます。

となると、理想の年収との差は、さらに広がります。

収入は減る一方。税と社会保険費負担は増える一方の世の中で、理想の年収を稼ぐ独身男性を求めていたのでは、いつまで経っても相手にめぐり合うことはありません。

また、男性の年収が多いだけでは、税や社会保険費の負担が大きくなり、手取り収入に反映されません。

まずは、夫婦共働きで世帯年収600万円以上を目指すのが、現実的な線ではないかと思います。

アンケートの中で、701万以上と答えた女性が23%もいたことが衝撃的でした。

もう少し、社会のことを勉強しませんか?

« 2012年8月 | トップページ | 2013年6月 »