« 2011年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2011年7月

2011年7月23日 (土)

トイレの水が流れない時の対処法

昨日、会社でトイレに行ったときの出来事です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

うちの会社は、零細企業ですので、男女共用の洋式が1つだけの、一般家庭のトイレと同じトイレです。

ただ、新しいタイプのもので、通常タンクに付いている水を流すレバーがなく、壁にあるパネルのボタンで水を流します。

 

用を足し終わり、水を流そうと壁にあるボタンを押したのですが、水が流れません。

再度、押してみても、やはり水は流れず、パネルのランプが全て点灯するだけです。

 

あなたならどうしますか?

1.そのままトイレを出る。

2.水を流す手段を考える。

 

さすがに、ブツをそのままにトイレを出る訳にいかず、水を流してから出ました。

タンクの横の普通はレバーが付いている場所に蓋があり、その蓋を開けると実はレバーが付いているんです。

普通のトイレのレバーより重めですが、レバーを回すことで、水を流すことができます。

レバーが見つからない場合も、タンクの蓋を開け、黒いゴムボールの付いたチェーンを引っ張ると水を流せます。

この2つの方法、知っているだけで、う○こを次の人に披露するという、恥ずかしい思いをしなくて済みます。

 

水の流れなかった原因ですが、壁にあるパネル(リモコン)の電池切れのようです。

電池を交換すると流れるようになりました。

 

 

気になったのは、私より前にトイレに入った人は、ちゃんと水が流れたのでしょうか?

2011年7月19日 (火)

なでしこV「私も・・・」

なでしこジャパンの優勝、最後の最後までの接戦は、後世に受け継がれる名試合になることでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

その優勝に水を差すような記事が・・・

 

菅首相、なでしこVで「私もあきらめない」 (YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110719-OYT1T00359.htm

 

日本のため、被災地復興のため

もう、あきらめてください。。。

 

2011年7月16日 (土)

客も選ばれる時代になる?

オイル交換に行った車のディーラーでの出来事です。

 

私が行ったとき、ディーラーは混みあっていました。

ピークが過ぎ去った頃、テーブルに座っていた家族連れの奥様が大きな声で

「すいません!」

と一言。

 

 

営業の方が、駆けつけると・・・

 

「新車を買いに来たんだけど、誰も出てこないから、%※&#’@・・・」

後半は何を言っているか分かりませんでしたが、ご立腹の様子。

そのまま、立ち上がって、外に出て行ってしまいました。

 

整理をすると、新車を買いにディーラーに来て、テーブルに座ったものの、

店の人が誰も来なかったことに腹を立てて、帰ってしまったようです。

 

お客様が入って来たことに、誰も気付かなかったディーラーの人にも落ち度があるかもしれません。

 

しかし、誰も出てこなければ、一言お店の人に声を掛ければ良いだけではないでしょうか?

誰も来ないから、腹を立てる。幼稚園児並みの思考です。

それを黙って見ている旦那も旦那です。

 

そもそも、無断で店に入ってきて、無断でテーブルに座り込んでいること自体が、いかがなものかと思います。

 

私がディーラーの店長だったら、販売をお断りします。

ディーラーとの付き合いは、車を購入後も続きます。

アフターサービスのため、ディーラーを訪れることもあるでしょう。

些細なことで、店の中で大きな声を上げられたのでは、営業妨害です。

 

以前、あるディーラーの方に聞いたお話ですが、暴力団関係者への販売は断固として拒否をしているとのこと。

悪質なクレーマーが増えている今の世の中。

今後は、クレーマーに対する販売拒否も増えるのではないでしょうか。

 

私の知る範囲ですが、この不景気の中、対法人でも、相手を見た上で、販売拒否することがあるようです。

 

もし、私が奥様の立場だったら、

奥様:「すいません!」

店員:「はい」

奥様:「新車買いに来たんだけど、誰も出てこないから、帰ってもいい?」

店員:「申し訳ございません」

奥様:「もし買うことになったら、値引きしてね。」

と、値引きの材料のひとつにしてしまおうと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

今日の奥様、いろんな所で損を重ねていることでしょう。

2011年7月11日 (月)

地震で気付いたマンションのメリット・デメリット

先週末は、久々に大きな余震がありました。

 

現在のマンションに住むようになって約1年半。

今回の地震で、災害時におけるマンションのメリット、デメリットが見えてきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

まずはメリットから。

・建物が丈夫で倒壊の心配がない

 特に新耐震基準となった1981年以降の建物は、まず倒壊の恐れがありません。

 これらのマンションが倒壊するならば、町全体が壊滅しているでしょう。

 

・液状化でも建物全体が傾く心配が少ない

 戸建てに比べ基礎がしっかりしているので、建物全体が傾き使えなくなる心配がありません。

 但し、配管がずれるなどで、水道やガスが使えなくなる心配はあります。

 液状化の有無に関係なく、コンクリートの重みで、わずかに傾くことはあるようです。

 

・自分以外に、誰かがいる安心感

 戸建てで両隣の家が留守だと、その孤独感は半端ではありません。

 マンションならば、同じ建物内に誰かがいます。

 管理人が常勤しているマンションならば、特に安心です。

 

・津波で流される心配がない

 東日本大震災においても、鉄筋コンクリートの建物は流されずに残っていました。

 

そしてデメリット。

・高層階は揺れが大きい

 倒壊を防ぐため、建物全体がしなるようにできているため、仕方ありません。

 被害も大きくなるようです。

・停電になると水道が使えない

 戸建ての場合、浄水場からの水圧で水が出ることもあります。

 マンションは、ポンプで水を汲み上げるため、停電になると水道が使えなくなります。

 

・エレベーターが使えなくなると、陸の孤島となる

 10階以上の階で、エレベーターが使えなくなると、身動きが取れません。

 5階~6階くらいまでなら、階段でも何とか生活できそうです。

 7階~8階だと、どうしても外出しないといけない場合は、階段を使えます。

 

・太陽光発電のソーラーパネルを取り付けられない

 屋根(屋上)やベランダは共有部分ですので、勝手にソーラーパネルの設置ができません。

 地震とは直接関係ありませんが、停電時には有効な設備だと思います。

 

我が家は、幸いにも10階建ての2階です。

そのため、上に挙げたデメリットのうち、該当するのは2つだけ。

水道が使えなくなること、ソーラーパネルを設置できないことです。

 

今後、住み替えることがあれば、マンションなら2~4階で選びたいと思っています。

2階~なのは、1階だと豪雨時に冠水する心配が拭えないからです。

 

 

子どもが大きくなったら、戸建てに引っ越そうと考えていたのですが、しばらくはマンションに住みたいと思います。

2011年7月 6日 (水)

トイレの水が止まらない

1週間ほど前から、トイレの水を流した後に、いつまでもチョロチョロと音がして、水が流れ続けていることに気付きました。

 

「クラシ○ンに電話しなきゃ!」と携帯を手にする嫁を静止し、タンクの上蓋を開けて調査開始。

 

フロートゴム玉↓

  

に繋がる鎖を手で動かしてみたところ、水が止まったため、原因と断定しました。

 

トイレメーカー(INAX)のサイトで型番を調べると、そのままオンラインで購入できるボタンが。

値段は980円。

 

念のため楽天でも検索してみたところ、400円程度から購入できることが判明し、送料を含めてもお得なことが分かりました。

 

一昨日、商品が到着し、昨日交換しました。

 

説明書には、様々なタイプのトイレの交換手順が書かれていますので、最初に自分が交換したいタイプをよく確認することが大切です。

 

私の場合、どうしても外れ難いパーツがあったため、交換時間は小一時間かかってしまいましたが、スムーズに交換できれば10分もかからないと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

クラシ○ンに頼むと、基本料金8000円+部品代です。

ネットでのパーツ注文の時間も含めて1時間で全ての工程が終わっていますので、時給に換算すると8000円ってことで、自己満足しています。

« 2011年6月 | トップページ | 2012年8月 »