« 内閣不信任案と小沢一郎の思惑 | トップページ | 6月20日以降の高速道路割引制度 »

2011年6月 2日 (木)

残念な結果に

内閣不信任案の結果は、否決でした。

 

菅首相は、震災対応に目処がついた時点での辞任を表明し、それが内閣不信任案の否決へと繋がったようですが・・・

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
にほんブログ村

 

夕方の枝野官房長官の会見で、「正式に決定したものではない」との認識を示したそうです。

ようやく民主党がひとつになり、内閣不信任案を否決したかと思ったら、正式決定ではない(=辞めないよ)では、不信任案を否決にするために民主党議員を騙したようにしか見えないのですが、私だけでしょうか?

 

この時期の総選挙は、国にとってマイナスですが、総辞職 → 人事一新は、迷走する政治運営から抜け出せるチャンスだっただけに残念で仕方ありません。

 

 

ますます、現政権への不信が強まりました。

« 内閣不信任案と小沢一郎の思惑 | トップページ | 6月20日以降の高速道路割引制度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念な結果に:

« 内閣不信任案と小沢一郎の思惑 | トップページ | 6月20日以降の高速道路割引制度 »