« 東京電力の役員報酬 | トップページ | 楽天銀行に入金? »

2011年5月11日 (水)

浜岡原発停止の陰に隠​れた重大ニュース

ご存知の方も多いと思いますが・・・

浜岡原発停止が発表されたのと同じ5月6日に発表された情報です。

発表したのは、文部科学省です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリング

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305818.htm

 

こちらのPDFファイルにリンクを貼ったブログが多く見られます。

文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリングの測定結果

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1305820_20110506.pdf

 

つまりは、福島第一原発事故の影響による放射性物質の蓄積状況です。

福島第一原発を中心として半径80kmの範囲で測定されています。

 

30km圏外にも関わらず計画的避難区域に指定された飯館村方面に向けて高濃度の汚染が広がっている様子が分かります。

ネット上では、今回発表された放射性物質の蓄積量が、チェルノブイリを越えているということで、話題になっているようです。

チェルノブイリの強制移住の対象が、セシウム137が55.5万ベクレルを超えた地域だったとのこと。

 

私は、放射性物質については素人ですし、チェルノブイリでの測定方法が今回と同じかどうかも分かりませんので、大したコメントもできません。

ただ、汚染が深刻であることは間違いないようです。

 

 

今回の調査結果と浜岡原発停止が、同じ日に発表されたことに、何らかの意図はあるのでしょうか?

« 東京電力の役員報酬 | トップページ | 楽天銀行に入金? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発停止の陰に隠​れた重大ニュース:

« 東京電力の役員報酬 | トップページ | 楽天銀行に入金? »