« これで電力不足解消か? | トップページ | 東京電力の役員報酬 »

2011年5月 9日 (月)

車の色に白を勧める理由

昨日は、今年初の夏日と言うことで、暑い一日でした。

私、以前は黒い車に乗っていましたが、今の愛車であるオデッセイは白を購入しました。

白にしたことで、大きなメリットがありました。

それは・・・

 

 

夏の社内温度が違うんです。

そして、夏場も燃費が悪くならないのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

黒い車の頃は、夏の炎天下に車を駐車した後は、しばらく車の中に入ることができませんでした。

車に乗り込む時は、ドアを開け、エンジンを掛け、窓とドアを全開にし、エアコンをMAXにする。

その後、しばらく待った後、ようやく車に乗り込む訳です。

 

白のオデッセイにした後はどうかと言うと。

多少は暑いのを我慢すれば、そのまま車に乗り込むことができてしまいます。

ボディカラーが違うだけで、これほどまでの違いがあるとは夢にも思いませんでした。

もちろん、乗車中も、エアコンの設定温度を必要以上に低くすることがありませんので、夏場の燃費の悪化も最低限に抑えられます。

 

現在は、マンション住まいのため、ルーフボックスが、一年中屋根の上に乗った状態です。

ルーフに直射日光の当たる面積が小さくなっているからか、以前より、暑くなくなりました。

夏場でも、そのまま車に乗り込み、スタートすることができます。

通常、ルーフボックスを取り付けると、空気抵抗が増えるため、燃費は悪化するのですが、薄型のルーフボックスですから、燃費の悪化も少なくて済みます。

 

自動車の購入をご検討中の方で、これまでダーク系の色の車に乗っていた方は、是非、ホワイト系の色も検討してみてください。

 

 

ちなみに白は、夏場の夜間走行後、フロントマスクの虫の死骸が目立つというデメリットもあります。

« これで電力不足解消か? | トップページ | 東京電力の役員報酬 »

節約」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車の色に白を勧める理由:

« これで電力不足解消か? | トップページ | 東京電力の役員報酬 »