« 電力会社各社の平均年収を調べたら、意外な結果が | トップページ | ガソリン価格が下落傾向? »

2011年4月26日 (火)

液状化に備え、自宅のある土地の過去の写真を確認する方法

今回の大震災では、広い範囲にわたって液状化現象の被害も発生しました。

これまで、液状化と言えば、埋立地などの海岸沿いで発生するものと思っていました。

しかしながら、今回は内陸でも発生しています。

埼玉県の私の自宅から、さほど遠くない場所でも、液状化で家が傾いたそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

そこで、私も自宅マンションが建っている土地のかつての姿を知りたくなりました。

早速、こちらのサイトで、過去に遡って空中写真を確認。

 

国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システム(国土地理院)

http://archive.gsi.go.jp/airphoto/

 

住所を選択し、検索ボタンをクリックすると、空中写真のある年代が表示されます。

少しずつ場所はずれていますが、見たい年代の左の閲覧ボタンをクリックすると、写真が表示されます。

私の自宅周辺は、一番古いもので1946年(昭和21年)の空中写真がありました。

自宅位置が分かる1947年(昭和22年)の写真で、確認したところ、すでに民家が建っていることが確認できました。

液状化の被害のあった付近の空中写真では、1980年(昭和55年)の時点で、宅地が造成されていませんでした。

 

 

自宅を購入するときは、古くからある駅の周辺=昔から人が住んでいる土地、だから、大丈夫だろう、と軽い気持ちでした。

やはり不動産を購入するときには、調べてみないといけませんね。

« 電力会社各社の平均年収を調べたら、意外な結果が | トップページ | ガソリン価格が下落傾向? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 液状化に備え、自宅のある土地の過去の写真を確認する方法:

« 電力会社各社の平均年収を調べたら、意外な結果が | トップページ | ガソリン価格が下落傾向? »