« 消費税8%へ増税、復興後も引き上げ維持 | トップページ | 高速休日上限1000円廃止が正式発表/GWの割引ご存知ですか? »

2011年4月21日 (木)

東京電力の平均年収

東京電力が、労働組合に対し、年収2割削減を提案したそうです。

 

東電、社員の年収2割削減を労組に提案(YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110421-OYT1T00906.htm?from=main6

東電、社員の年収2割削減提案 賠償資金の捻出目指す(asahi.com)

http://www.asahi.com/business/update/0421/TKY201104210418.html

 

では、年収2割削減すると、東京電力にお勤めの方の生活はどうなるのでしょうか?

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

東京電力の平均年収は757万円です。

2割削減されると・・・

605.6万円になります。

 

民間企業に勤めるサラリーマンの平均年収は406万円だそうです。

と言うことは、削減されたとしても、平均より200万円も多い収入を得られるということですね。

一般庶民よりは、裕福な暮らしができそうです。

 

厳しい意見かも知れませんが、私は、4割から5割の削減をするべきだと考えています。

4割の削減ですと、平均年収は454.2万円になりますが、平均より1割以上も高い年収です。

5割の削減でも、378.5万円。

平均よりは低くなりますが、6~7%低いだけです。

 

仮に、5割削減した場合、年間に削減できる人件費の総額はいくらになるのでしょうか?

378.5万円×約3万6千人=1362億6千万円。

実際には、退職される方もみえるでしょうから、人件費はもっと減らすことができるでしょう。

 

もちろん、危険な作業を行っている社員の方や子会社の方には、それ相応の報酬が必要ですが・・・

 

東京電力は、関東地方の電力を独占的に扱う会社ですので、倒産のリスクがありません。

仮に5割削減したとしても、ノーリスク・ミドルリターンです。

いつ会社が無くなるか分からない中小企業に勤める私にとっては、倒産リスクが無く、年収378.5万円というのは、十分に魅力ある会社だと思います。

 

« 消費税8%へ増税、復興後も引き上げ維持 | トップページ | 高速休日上限1000円廃止が正式発表/GWの割引ご存知ですか? »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力の平均年収:

« 消費税8%へ増税、復興後も引き上げ維持 | トップページ | 高速休日上限1000円廃止が正式発表/GWの割引ご存知ですか? »